野中弁護士  

AZMORE国際法律事務所の野中弁護士

-弁護士-

野中 信孝
のなか のぶたか

使用言語
日本語・中国語・英語

取扱分野

野中弁護士の主な取扱い分野は、日本法及び中国法に係る企業法務全般、M&A、コンプライアンス、独禁法対応、労働問題、訴訟・仲裁・ADR、並びに知的財産法(著作権法、商標法、不正競争防止法、エンタテインメント法、IT・通信業法)です。野中弁護士は、ITベンダーでの勤務経験を経て、携帯電話キャリア、映画・ゲーム・アニメーション製作会社、出版社、商社、メーカー、不動産、教育、飲食分野の各種企業の法律顧問の経験を務めて参りました。また、2010年から6年間にわたり、中華圏(北京、上海、台北)に駐在し、日本企業のアウトバウンド出資、M&A、紛争対応、フランチャイズ展開等に関する各種実務交渉を担当するとともに、中国企業の対日投資、紛争対応に関する日本法の各種サポート業務を行なってまいりました。日本・中国及びアジア各国の法律・会計税務の実務家との広いネットワークを活かし、クライアントの各種国際案件のニーズに応じて最適なサービスを提供いたします。

略歴

1999年  3月東京大学法学部卒業
2001年11月 ~ 2004年1月日本ユニシス株式会社 勤務
2004年  4月最高裁判所司法研修所入所
2005年10月第一東京弁護士会登録 、TMI総合法律事務所 勤務
2010年  2月 ~ 2011年  6月北京大学 留学(法学部進修生課程修了)
2010年  5月 ~ 2011年  6月金杜(King&Wood)法律事務所 研修(北京大学在学中)
2011年10月 ~ 2012年  2月TMI総合法律事務所上海代表処 駐在
2012年  2月 ~ 2012年10月台湾駐在(日系総合商社)
2013年  2月 ~ 2016年  2月TMI総合法律事務所北京代表処 首席代表
2017年  6月AZ MORE国際法律事務所開設

講演実績

2009年  2月「中国法の最新動向」TMI総合法律事務所主催(東京都)
2011年  9月「インターネット上の著作権侵害に関する日中実務最新動向」中日民商法研究会10周年記念式典講演(北京市)
2013年10月「中国労働法実務の最新動向」日本国際貿易促進協会・TMI総合法律事務所主催(北京市)
2014年  2月「中国人・中国企業との契約交渉」中国日本商会三資企業部会(北京市)
2015年  6月「日中インターネット著作権実務解説」南京律師協会(南京市)
2015年11月「日中著作権法比較~中国著作権法改正案を踏まえて~」北京コンテンツ研究会(北京市)
2015年  1月「交通事故における賠償事情の日中比較」損保ジャパン日本興亜(中国)有限公司・上海威尓比医療諮詢有限公司主催
2015年  7月「中国進出日系企業が注意すべきコンプライアンス実務」JETRO(日本貿易振興機構)北京事務所主催(北京市、天津市)
2016年  12月「中国現地法人のコンプライアンス経営」日中投資促進機構(JCIPO)主催
2017年  7月「中国親族・相続法」第126回中国判例研究会
2018年  3月「中国現地法人のコンプライアンス管理~近時の事例研究」(第167回IBLチャイニーズ・ロイヤーズ・クラブ)国際商事法研究所(IBL)主催

著作・監修

2013年  2月「ソフトウェア取引の法律相談」青林書院(共著)
2013年  4月「中国ビジネス法務の基礎理論と最新実務」TMI総合法律事務所編(共著)
2013年  8月「中国労働六法 2013年版」日本国際貿易促進協会(共著)
2014年  2月「労務派遣暫定規定のポイント」(国際貿易)
2014年  5月「法律サポートで友好の架け橋」(人民中国)
2016年  5月「中国におけるOEM生産と商標法上の「商標の使用」をめぐる最新状況 ―近時の最高人民法院判決及び商標法改正を踏まえて―」TMI Associates Newsletter Vol.27(共著)
2018年  3月「「中国相続法-中国人関連相続案件-」(日中法律家交流協会報第59号)