松尾弁護士  

AZMORE国際法律事務所の松尾弁護士

-日本国-

松尾 裕介
まつお ゆうすけ

使用言語
日本語・中国語・英語

取扱分野

松尾弁護士の主な取扱い分野は、日本法及び中国法に係る企業法務全般、知的財産(著作権法、商標法、不正競争防止法、エンタテインメント法、IT・通信業法)、M&A、コンプライアンス、PL法、労働法、消費者法、コーポレートファイナンス、独占禁止法、海事、貿易、国際取引、電子商取引、医療関係、訴訟・仲裁・ADRです。 松尾弁護士は、2010年から6年間にわたり中国上海に駐在し、日本法及び中国法に対する豊富な知識経験を有し、日中両国内に法律家、会計士、税理士らの専門家の提携先を有します。中国進出日本企業の知的財産保護、模倣品対策に注力し、総合的なリーガルサービスを提供するとともに、日本企業のアウトバウンド出資、M&Aや中国企業の対日投資、紛争対応等の日中間を跨る数多くの法律案件についてリーガルサポート業務を実施してまいりました。

略歴

2004年  3月 慶應義塾大学経済学部卒業
2007年  3月 駿河台大学法科大学院法務研究科卒業
2007年11月 最高裁判所司法研修所入所
2009年  1月 第二東京弁護士会登録
2009年  1月 ~ 2010年11月 島崎法律事務所勤務
2010年11月 ~ 2012年10月 IP FOWARD法律事務所(上海事務所)勤務
2012年10月 ~ 2013年  7月 上海外国語大学(語学研修)入学
2013年  9月 ~ 2014年  7月 復旦大学(中国上海) 留学(法学部進修生課程修了)
2014年  8月 ~ 2016年12月 金杜(King & Wood Mallesons)法律事務所(上海事務所)勤務
2017年  6月 AZ MORE国際法律事務所開設

講演実績

2016年10月 「中国当局による抜き打ち調査に対する対応方法」金杜(King & Wood Mallesons)法律事務所主催(上海市)
2017年11月 「明日の法律家講座(法曹として日本と中国の架け橋になるために)」法学館伊藤塾主催

著作・監修

2014年  9月 ~ 現在 上海ジャピオン紙(中国上海市で発行されている週刊の日本語新聞)の法律コラムを隔週で執筆(第1回から現在まで第103回目)
野中弁護士
小堀弁護士
松尾弁護士